医師も時にはミスをする事がある

病院で薬が出る時は処方箋が発行されますが、あなたは処方箋を受け取った時、その場で処方箋の内容を確認していますか?まれながら処方箋の内容に間違いがある時があります。例えば、副作用のある薬が処方されていた。いつも出ているお薬が書かれていない。薬の量が間違っていた(いつもは5mgの所を10mgだった)など。 医師も人間ですので、時に記憶違いや入力間違いなどでミスが発生することがあります。処方箋の内容はその場で確認をし、疑問に思った場合はその場で医師に質問をして、内容が正しいか確認をしましょう。

医師が犯したミスについて

医師は、その仕事上、人の命を預かる仕事がほとんどです。そのため、一度起こしたミスによって、だれかの命を奪ってしまう可能性も考えられます。しかし、誰しも間違いはあるものです。だからこそ、それを防ぐために、どのような対処方法をしていったらよいのかを考えることが大事なのです。例えば、一人だけではなく、誰かと一緒に作業を行ったり、連絡をこまめに取り合うことなどです。小さな工夫が大きな効果をもたらすため、全員で協力することが大事なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師のレベルを上げるため. All rights reserved.