医師の年収ってどのくらいか

医師と言ったら何を思い浮かべますかと質問したら頭がいい、器用そう、性格が真面目であるとか出てくると思いますが、一番に思いつくのが「お金持ち」ということです。世間にはお金持ちとして認識されていることでしょう。年収はどのくらいもらっているのでしょうか。今の一般的なサラリーマンの年収として400万と言われています。しかし、医師は1000万を超えているようです。やはり誰でもできる仕事ではないし、人の命をたすける仕事なので高収入は当たり前と思えば当たり前です。生活が不規則で夜勤があったり、休みだとしても、担当患者に何か異変があって、呼び出しがかかるのか分りません。自分の時間を作ることが難しい職業です。休みあがっても十分に謳歌することは難しいでしょう。また治療法の研究や治療計画などを立てていると家に帰れない日々が続く場合もあります。人のためにある職業なのでもっと年収が高くてもいいのではないかと思います。

開業医の年収は高いです

医師の年収は一般的にかなり高いということが知られています。その中でも、特に高いのが開業医です。自らクリニックや医院などを開業していて個人事業主となっている場合には、大きな総合病院や大学病院に勤務している人と比べて収入は高めの傾向にあります。また勤務医に関して年収を比較してみた場合には、勤務先の病院の規模が小さいほど高収入である傾向が見られます。一般のサラリーマンは勤務先の規模が大きいほど高収入ですが、医師の場合にはそれとは逆の傾向があるということになります。しかし、規模の大きな総合病院などの医療機関に勤務している場合であっても、役職などに就いていると、高収入です。大学病院に勤務しているのであれば、教授の地位なら開業医と比べても遜色ない収入を得ることができます。また大きな病院の当直などのアルバイトとして働いている医者もいますが、一般的なアルバイトとは比べものにならないくらい収入が高いのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師のレベルを上げるため. All rights reserved.