医学部で学ぶ事について

医師を育てること。それは全国の医学部の大事な使命です。しかし、それだけではありません。医学部には、様々な学科があります。医学科、看護科、リハビリテーション科、放射線技術科、検査技術科など、様々な学科が掲げられています。一人の患者が、病気を発症して、入院治療を経て、日常生活に戻るためには、医師による治療以外に、日常的なケアやリハビリテーション、詳細な検査や、生活基盤を理解するための問診、家族背景の理解など、様々なプロセスが必要不可欠です。いずれのプロセスも高度な専門知識を要します。

将来を考えて医学部を選ぶ

一人の患者が病気を治療する為には、集中力を用いる分析が得意な人や、人とのコミュニケーションが細やかな人、全体を把握したプランニングが得意な人。分野ごとに望まれる人材と適正は違います。医学部に通うメリットは、職業人を育てる専門学校的な素因の強い学部の一つということです。大学卒業後に社会に出て人の役に立ちたいという思いがそのまま反映される学部です。そして、自分の適正を生かせ、活躍できる分野が必ずある学部なのです。まず、自分のやりたいことは何か考えてみましょう。門は、いつでも開いています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師のレベルを上げるため. All rights reserved.