専門医としての医師の活用方法

病気や怪我で医者にかかるときには、出来るだけ専門性の高い医師に診てもらいたいと思うものです。しかし、ちょっとしたケガや体調不良のたびに、大きな病院にいくのも手間のかかるものです。そのようなときには、出来るだけ近所などの通いなれた医院などを利用するのが簡便です。一方で、医師の中でも、専門医としての認定は進んできており、特定の診療科を掲げる医院などでは、専門医のとしての認定を取得していることも少なくありません。そこで、近所の医院でも、出来るだけこのような専門性の高いところを利用したいものです。医院の中には、複数の診療科を掲げているところも少なくありませんが、多くの場合、実際に専門としているのは、その筆頭に掲げている診療科であることがほとんどです。そこで、近所の医院の中でも、筆頭の診療科について、不調の際にすぐに利用できるように、日ごろからどのようなところがあるのか、チェックしておくことが大切なのです。

専門医がいる医療機関

専門医である医師が在職している医療機関は多くの患者が来院するため、長時間にわたって待たされる事があります。また、予約も容易に取る事が難しいです。このような偏りが続けば専門医の資格を持つ人は心身を疲弊させ、患者に医療サービスを安定的に供給する事が出来なくなるおそれがあります。今後、人員の増加や地域医療のさらなる充実に取り組み、特定の医療機関や医師の負担を減らすようにしなければならないです。患者によってはその専門医のケアを受けなくても治療が行えるケースが少なくないです。医療機関側はそのような人々は地域の開業医等にまわし、対応する患者の数を抑制した方が良いです。専門的な技術を持った医療機関は地域の医療機関と連携し、両者が協力して患者のケアに取り組むべきです。偏りから生じる医療従事者の心と体の疲弊を減らす事が非常に重要です。ケアを行う人間が安定して良質なサービスを提供する事が出来るシステムを構築すべきです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師のレベルを上げるため. All rights reserved.