全身管理も行う麻酔科

麻酔科とは、手術を受ける患者さんへの手術麻酔を行うイメージがありますが、他にもペインクリニックでの痛みの治療や、集中治療室での重症患者さんの全身管理などを行っている科です。手術で受ける痛みやストレスを緩和するための重要な科であり、安全に手術を受けられるよう全身管理の役割も麻酔科が担います。意識を保ったまま、治療する箇所の感覚を麻痺させる部分麻酔と、点滴や吸入で全身の感覚を麻痺させる全身麻酔などがあり、状況に応じて様々な種類のものを使い分けます。

麻酔科医の役割について

麻酔科医の役割は、術前術後や手術中に患者さんの生命維持の管理をする事で、執刀医とは別に手術に立ち会っています。全身麻酔が必要な場合は眠らせる事によって患者さんが痛みを感じたり動いたりする事なく手術を進めていけるのが特徴で、異常が出た場合には即座に対応できるよう見守っています。ただし外来で出来る局所麻酔の場合は麻酔科の医師は立ち会わず、執刀する医師が患部にだけ注射を打ち、痛みを感じにくくしています。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師のレベルを上げるため. All rights reserved.